画像:北里大学病院より

北里大学病院は2018年7月3日、患者情報が記録されている可能性が高いUSBメモリーを紛失したと発表を行いました。

同院によると、当該USBメモリーには約2年分のIVRセンターで治療を受けた患者の個人情報が含まれていたとのこと。同院は調査を実施したものの、現状発見には至っておらず、関係者に謝罪を表明しています。

事案の経緯は?

北里大学病院の発表によると、2018年6月18日に担当者がIVRセンター内で使用したUSBを紛失したことに起因します。

同担当者は帰宅中にUSBが手元にないことに気が付きましたが、職場に忘れたと思いそのまま帰宅。2018年6月19日にはUSBが見つからず、紛失が明らかになりました。(自宅・職場の双方において捜索を実施したものの、発見に至らなかったとのこと)

なお、当該担当者及び看護師長は2018年7月2日に病院長に報告。その後、同院は2018年7月3日に、神奈川県相模原南警察署に遺失物届を行うと同時に、今回の発表を行っています。

被害規模や再発防止策は?

今回の事案で漏洩が懸念されるのは合計50名の患者情報。いずれも2014年8月1日~2016年7月31日までの間に、IVRセンターで治療を受けた方の個人情報です。

  • 氏名
  • 患者番号
  • 疾患名
  • 治療名
  • 治療日時

なお、発表時点での漏洩被害は確認されていないとのことです。同院は今回の事案を受けて、USBメモリーの管理体制の強化を発表しています。

参照患者様の個人情報が記録されたUSBメモリの紛失について(速報)/北里大学病院

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?