画像:トレンドマイクロより

大手セキュリティー関連企業のトレンドマイクロは2018年7月3日、サイバー犯罪者がオンライン銀行詐欺ツール(バンキングトロジャン)により不正に入手したクレジットカード情報を保有するサーバーを突き止めたことを発表しました。

同社によると、これらの類のサーバーは「マニュピレーションサーバ」と呼ばれ、詐欺ツールなどで入手した情報をアップロードしているとのこと。

なお、同社は今回発見したカード情報について、各カード会社への連絡を行っていると説明しています。

1,800件のカード情報が記録

トレンドマイクロによると、今回発見されたマニュピレーションサーバーには日本国内のカード情報1,800件が記録されていたとのこと。

また、登録情報はいずれも日本国内のカード情報であり、同社は「日本を狙うバンキングトロジャンの被害の実態を示す貴重な事例」として、詳しい内容及び画像の提供を行っています。

マニュピレーションサーバの内容が確認できるケースは非常に稀であり、今回の事例は文字通り「貴重な」データと言えそうです。

「Webインジェクション」の脅威

バンキングトロジャンの多くは、「Webインジェクション」と呼ばれる手口により行われます。

Webインジェクションは、攻撃対象に何らかの手段でログイン画面を表示させ、情報の搾取を行う手口です。しかし、Webインジェクションはフィッシングサイトと異なり、正規のサイトへのアクセス中に偽表示を行うため、「ブラウザ表示のURLは正規のまま」という特徴を有しています。

そのため、Webインジェクションは攻撃者にとって非常に利点の多い不正アクセス方法。強い警戒が必要と言えるでしょう。

参照バンキングトロジャンによる国内クレジットカード情報の詐取被害を確認/トレンドマイクロ

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。