画像:株式会社ダンゴネットより

不動産業者向けサービスなどを提供する株式会社ダンゴネットは2018年6月7日、メール送信にて設定ミスが発生した結果、情報漏洩が起きたことを公表しました。

同社製品の1つである「賃貸名人 東京版」のバージョンアップ情報を電子メールにて通知する際に、誤送信を起こしたとのこと。同社は被害者に対して謝罪し、再発防止策を表明しています。

事案の経緯は?

今回の事案は、2018年6月6日に発生しました。

同社製品「賃貸名人 東京版」の5.5.2vlのバージョンアップ通知を行う際に、送信先にメールアドレスを通知してしまう「To」設定での送信を行ったとのこと。結果として、同社の顧客間でメールアドレス情報が共有されることとなり、流出に至ったという流れになります。

ヒューマンエラーへの対策は

今回の事案で漏洩したアドレスは、合計200件(61件分の未達分を含む)とのこと。同社は同時送信の上限を200件に設定していたため、被害規模は限定的なものとなりました。

なお、事案を受けた同社は再発防止策として、複数名でのチェック体制を宣言。更に同法送信をシステム化することで、ヒューマンエラーを防止する考えです。

送信ミスは業界問わず頻出するインシデントであり、こうした対処法は非常に有効。同様の懸念がある企業においても、導入が推奨される対策です。

参照お客様メールアドレス流出に関するご報告とお詫び/株式会社ダンゴネット

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?