画像:株式会社ダンゴネットより

不動産業者向けサービスなどを提供する株式会社ダンゴネットは2018年6月7日、メール送信にて設定ミスが発生した結果、情報漏洩が起きたことを公表しました。

同社製品の1つである「賃貸名人 東京版」のバージョンアップ情報を電子メールにて通知する際に、誤送信を起こしたとのこと。同社は被害者に対して謝罪し、再発防止策を表明しています。

事案の経緯は?

今回の事案は、2018年6月6日に発生しました。

同社製品「賃貸名人 東京版」の5.5.2vlのバージョンアップ通知を行う際に、送信先にメールアドレスを通知してしまう「To」設定での送信を行ったとのこと。結果として、同社の顧客間でメールアドレス情報が共有されることとなり、流出に至ったという流れになります。

ヒューマンエラーへの対策は

今回の事案で漏洩したアドレスは、合計200件(61件分の未達分を含む)とのこと。同社は同時送信の上限を200件に設定していたため、被害規模は限定的なものとなりました。

なお、事案を受けた同社は再発防止策として、複数名でのチェック体制を宣言。更に同法送信をシステム化することで、ヒューマンエラーを防止する考えです。

送信ミスは業界問わず頻出するインシデントであり、こうした対処法は非常に有効。同様の懸念がある企業においても、導入が推奨される対策です。

参照お客様メールアドレス流出に関するご報告とお詫び/株式会社ダンゴネット

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。