画像:ESET「Welivesecurity」より

ESETの情報サイト「Welivesecurity」は2018年5月30日、音波を使ってHDDを破壊する新たな脅威「ブルーノート」が確認されたことを発表しました。

執筆者のグラハム氏によると、この現象はミシガン大学らが実証。スピーカーから特殊な音波を発信するだけで、PCに内蔵されたHDDに物理的な損傷を与え、破壊してしまうことが明らかになりました。

脅威となるブルーノート

ESETによると、ブルーノートと呼ばれるこの現象は、サイバー攻撃に転用される可能性があるとのことです。

例えば、マルウェア等を通じてスピーカーを乗っ取り、ユーザーの意図に関わらず超音波を発信するとどうでしょう。HDDはたちまち損傷を受け、使用できなくなるかもしれません。物理的な損傷を受けた場合、システムを再インストールすることも不可能です。

防犯カメラも攻撃対象になる可能性

ESETによると、研究者らによって実証された攻撃シナリオはPC端末のみにとどまらず、デジタル式の防犯カメラにも及ぶとのこと。

監視カメラに内蔵されるHDDが攻撃を受けると、もはやHDDに映像情報を書きこむことができない現象が発生。カメラは情報を書きこもうとするが、約12秒以内に空きスペースが不足して、全てのデータを失ってしまったと報告しています。

ただし、この攻撃はHDDに影響を与えるにとどまり、SSDに対しては効果が確認されていないとのことです。

参照スピーカーで音を鳴らすだけでPCがクラッシュ「ブルーノート」攻撃に注意/Yahoo!ニュース

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。