監視カメラに対する不正アクセスが激しさを増しています。

東京電力は2018年5月7日、千葉県銚子市に設置している洋上風力発電施設の稼働状況を監視するカメラが、何者かの不正アクセスにあったことを認めました。

情報によると、監視カメラの映像には千葉県八千代市や埼玉県上尾市のカメラに対するサイバー攻撃と同様の文字が表示。同一犯の可能性が指摘されています。

関連河川監視カメラに不正アクセス、侵入者がパスワード変更し制御不能に|上尾市

不審な文字が表示

東京電力によると、監視カメラには「I’m Hacked. bye」と表示。千葉県八千代市や埼玉県上尾市の「I’m Hacked. bye2」と酷似しており、同一犯の可能性が高いと見られています。

東京電力は敷地を管理している千葉県の指摘を受け事態を把握。「早急に対処する」と説明しているとのことです。

キャノン製のカメラが狙われている

今回のハッキング騒動は、キャノン製の監視カメラがターゲットになっている点が特徴です。

東京電力はパスワード等の管理状況を公表しない方針でいるため、サイバー攻撃の詳細な原因は不明ですが、愉快犯的な犯行である点から今後も他の機器が狙われる可能性は否定できません。

IoT機器を狙った不正アクセス事案として、注視すべき事案と言えるでしょう。

参照東京電力

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。