京都教育大学のメールアカウントに不正アクセス、36万件の迷惑メールが送信される

[更新]
京都教育大学のメールアカウントに不正アクセス、36万件の迷惑メールが送信される



画像:京都教育大学より

国立大学法人京都教育大学は2018年4月6日、「WWWメールサービス」のアカウント1件が不正アクセスされたことを明らかにしました。

同大学によると、攻撃者はアカウントを悪用して迷惑メールを学外へと送信。送信件数はなんと約36万件を数えるとのこと。現在はパスワード変更措置によりメール送信は停止しているものの、一連の事案について大学側は謝罪しました。

なお、不正アクセスされた「WWW メールサービス」および学内の他のサービスからの、個人情報の流出の痕跡はないと説明しています。

事件の経緯は?

京都教育大学の発表によると、不正アクセスが行われたのは2018年2月10日~11日。

アカウント保有者がフィッシングメールに記載されたリンクを踏んだことにより、アカウント利用に必要な情報が窃取された可能性が高いと説明しています。

また、乗っ取られたアカウントは学外へ向けて36万件のメールを送信しましたが、該当メールにも同様のURLが添付されていたとのことです。

再発防止を表明

京都教育大学は今回の事案を受けて、教職員及び制に対して定期的なセキュリティ訓練を行うことを発表。

更に学外からのWWWメールサービスの利用方法を見直すことで、不正アクセスを防ぐ仕組みを導入する予定です。

〈参照〉京都教育大学における WWW メールへの不正アクセスによる学外への多量迷惑メール送信について/京都教育大学(PDF)

ゼロから始めるセキュリティ対策!
セキュリティチェック25
img_pdf

「セキュリティ対策」はインターネットを利用する全ての企業にとって必須

大企業であればお金をかけてしっかりとした対策に取り組めますが、
そんな予算もない中小企業の方々は、「セキュリティ対策が必要だとわかっていても何をすれば良いかわからない、、、」という方も多いはず。

そんな中小企業の方々、
特に50名以下の企業の社長、IT担当者、総務部担当者の方々は絶対に知っておきたい!自分でできるセキュリティ対策がチェックできるA4サイズ1枚にまとめた25項目のセキュリティチェックシートです。

メルマガ登録で無料ダウンロード!
無料ダウンロードはコチラ

こちらのページもご覧ください。

セキュリティ診断サービス

あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配...
サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

標的型メール訓練サービス

近年増え続ける標的型攻撃の対策はできてますか?社長だけが大丈夫でも社員全員の意識を上げないと、メールが来たら1/3も...

セキュリティ人材の育成に

今後不足すると言われているセキュリティ人材の確保を早めに対応しませんか?たった2日で学べる集中コース!

情報セキュリティ監査

150,000円のセキュリティ監査!専属担当者の採用は難しいけど、セキュリティが心配...という方必見です。

メルマガ会員登録募集中

中小企業向けセキュリティチェックシートプレゼント!その他特典多数!詳細はこちらをクリック!

会員情報27万件の流出を確認、三菱地所「ショッパークラブ」調査結果を公表

寄附募集サイト「長野県みらいベース」へ2万回以上の不正アタック

尼崎市健診予約サイトからの情報漏洩1万1,960名分と確認、運営委託先に損害賠償を求める

作者:   セキュリティニュース