2018年4月11日 、防衛省のOBや海洋政策関係者らに向けて、ウイルスメール攻撃が行われていたことが明らかになりました。

犯行はかなり大規模なものである上に、中国ハッカー集団が関与している可能性があるとのこと。更に現時点での情報流出の被害は確認されていませんが、既に一部の受信者がメールを開いた可能性も指摘されています。

2017年11月から攻撃開始か

情報による と、一連のサイバー攻撃は2017年11月下旬~2018年3月中旬にかけて、(確認されたものだけでも)数百のメールが送信されていたとのこと。

攻撃に使われたメールは、添付ファイルを開封するとウイルスが展開してPC内部の情報が抜き取られる類のものであり、内部情報の漏洩が目的と見るのが自然です。

中国ハッカー集団の可能性

今回のサイバー攻撃は、中国のハッカー集団が関与している可能性があると見られています。

攻撃の手口は非常に巧妙で、メール本文に実在する名称を使用し、防衛省の現職職員の名前も表記されていたとのこと。仮に機密情報の漏洩した場合、日本の国家安全保障に甚大な影響を与えかねない事案です。

〈参照〉政府職員装いサイバー攻撃=防衛省OBに/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?