画像:NISCより

2018年2月1日、内閣サイバーセキュリティーセンター(NISC)は、セキュリティの普及啓発を目的とした「サイバーセキュリティ月間」を開始しました。

2018のテーマである「#サイバーセキュリティは全員参加!」をキャッチフレーズに

  • NISC主催イベント「サイバーセキュリティ月間 イベント2018(仮称)」の開催
  • 有識者、若手技術者やブロガーによる日替わりコラム
  • アナログハックをテーマに据えたTVアニメ「BEATLESS」とのタイアップ

など、複数のコンテンツを提供しています。

同イベントの開催期間は2018年2月1日~3月18日。サイバーセキュリティの重要性を改めて認識する契機にしては如何でしょうか。

nicofarreにて「キックオフサミット」を開催

NISCは2018年度のサイバーセキュリティ月間を記念して、ニコファーレ(nicofarre)にてキックオフサミットの生放送を開始しました。

メディアアーティストとして多方面で活躍する、筑波大学学長補佐・落合洋一氏の基調講演を筆頭に、SF作家である長谷敏司氏とSBテクノロジーの辻伸弘氏による「近未来サイバーセキュリティ対談」など、NISCならではの充実コンテンツが目白押し。

サイバーセキュリティの現在と未来に迫るイベントとして、大いに盛り上がりを見せました。

関係省庁や協力企業イベントも全国各地にて続々開催!

期間中は各種ウェブコンテンツの提供に加えて、関係省庁や協力企業による、サイバーセキュリティをテーマに含めたイベントが全国各地で開催されます。(詳細はNISC公式ウェブサイトより確認可能)

また、イベント後半の3月4日(日)には、「秋葉原UDX」にてNISC主催の「サイバーセキュリティ月間 イベント2018(仮称)」を開催予定。2月1日時点での詳細情報はありませんが、早くも注目度イベントとして、高い関心を集めています。

〈参照〉
みんなでしっかりサイバーセキュリティ/NISC

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事