2018年1月17日、滋賀県長浜市は同市の管轄に当たる「浅井学校給食センター」に所属する職員が不正アクセスを行ったとして、停職6カ月の懲戒処分を下したことを公表しました。

長浜市の報告によると、同職員はセンター所長のアカウントを利用して、勤怠管理を行うシステムに侵入。自身の有給休暇を不正に水増したと説明しています。

65回の不正アクセスにより約65万円を不正受給

懲戒処分を受けた同職員は、2016年から2017年にかけて合計65回もの不正アクセスを敢行。有給休暇記録を削除した上で、病気休暇等の履歴に改ざんすることで、規定日数以上の休暇を取得していたのことです。

また、同職員は一連の不正アクセスにより、約65万円もの給与を不正に受給。約47日も不正に欠勤していたと見られています。

セキュリティー意識の欠如によりセンター長にも処分か

長浜市によると、不正アクセスを行った職員の他に同センターの所長も、パスワードの管理を怠ったとして「3か月間、1/10の減給」の処分が下されています。

同センターの所長はパスワードを初期設定の職員番号から変更を行っておらず、これが不正アクセスを許してしまった要因であると推察すると、処分は妥当であると言わざるを得ません。

こうした内部犯行による不正アクセスは、組織としては最も警戒すべき部分です。自社で起きないトラブルとは言い切れませんから、一度再確認してみては如何でしょうか。

<参照>
不正アクセスで有休枠水増し 滋賀、市職員が欠勤分給与/京都新聞

懲戒処分等の公表について(PDF)/長浜

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事