インテルなど複数のCPUに脆弱性、攻撃者による悪用の恐れ

[更新]
インテルなど複数のCPUに脆弱性、攻撃者による悪用の恐れ



2018年1月3日、Google社のセキュリティチーム「Project Zero」が、大手半導体メーカー「Intel(インテル)」や「AMD(アドバンス・マイクロ・デバイシス)」など大手3社の製造するCPUに、サイバーリスクを伴う脆弱性が見つかった事実を公表しました。

「Project Zero」によると、発見された脆弱性を悪用することで、攻撃者は本来アクセスができないメモリ領域を読み取ることができるようになるとのこと。年明け早々のビッグニュースとして、世界中に衝撃が広がっています。

脆弱性発見の経緯

「Project Zero」は、当初インテル社の製品のみに問題があると指摘していました。ところが、インテル社はこのグーグル側の指摘を真っ向から否定。

インテル側は今回発見された脆弱性「Meltdown」と「Spectre」は、同社CPUの他にAMD社やARM社の製品についても同じことが言えると説明。事態はインテル社製CPUに限らないことを明らかにした形です。

各社の対応は?

これに対して、スマートフォンを中心に展開しているARM社は、既に該当の脆弱性については修正が完了していると発表。また、AMD社は「現状のままでほぼ問題はない」と明言しています。

PC用CPUについて8割ものシェアを誇るインテルは、問題の解決に向けてARM社やAMD社と連携することで、数日中に問題の修正を行う姿勢を表明しています。

<参照>
CPUに脆弱性発見、機密データ漏えいの恐れ 業界全体で対応/AFP=時事
インテル、ARM、AMDなど多数のCPUに脆弱性–各社が対応急ぐ/CNET Japan
Intel Responds to Security Research Findings/Intel

ゼロから始めるセキュリティ対策!
セキュリティチェック25
img_pdf

「セキュリティ対策」はインターネットを利用する全ての企業にとって必須

大企業であればお金をかけてしっかりとした対策に取り組めますが、
そんな予算もない中小企業の方々は、「セキュリティ対策が必要だとわかっていても何をすれば良いかわからない、、、」という方も多いはず。

そんな中小企業の方々、
特に50名以下の企業の社長、IT担当者、総務部担当者の方々は絶対に知っておきたい!自分でできるセキュリティ対策がチェックできるA4サイズ1枚にまとめた25項目のセキュリティチェックシートです。

メルマガ登録で無料ダウンロード!
無料ダウンロードはコチラ

こちらのページもご覧ください。

セキュリティ診断サービス

あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配...
サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

標的型メール訓練サービス

近年増え続ける標的型攻撃の対策はできてますか?社長だけが大丈夫でも社員全員の意識を上げないと、メールが来たら1/3も...

セキュリティ人材の育成に

今後不足すると言われているセキュリティ人材の確保を早めに対応しませんか?たった2日で学べる集中コース!

情報セキュリティ監査

150,000円のセキュリティ監査!専属担当者の採用は難しいけど、セキュリティが心配...という方必見です。

メルマガ会員登録募集中

中小企業向けセキュリティチェックシートプレゼント!その他特典多数!詳細はこちらをクリック!

会員情報27万件の流出を確認、三菱地所「ショッパークラブ」調査結果を公表

寄附募集サイト「長野県みらいベース」へ2万回以上の不正アタック

尼崎市健診予約サイトからの情報漏洩1万1,960名分と確認、運営委託先に損害賠償を求める

作者:   セキュリティニュース