インテルなど複数のCPUに脆弱性、攻撃者による悪用の恐れ

[更新]

この記事は約 2 分で読めます。



2018年1月3日、Google社のセキュリティチーム「Project Zero」が、大手半導体メーカー「Intel(インテル)」や「AMD(アドバンス・マイクロ・デバイシス)」など大手3社の製造するCPUに、サイバーリスクを伴う脆弱性が見つかった事実を公表しました。

「Project Zero」によると、発見された脆弱性を悪用することで、攻撃者は本来アクセスができないメモリ領域を読み取ることができるようになるとのこと。年明け早々のビッグニュースとして、世界中に衝撃が広がっています。

脆弱性発見の経緯

「Project Zero」は、当初インテル社の製品のみに問題があると指摘していました。ところが、インテル社はこのグーグル側の指摘を真っ向から否定。

インテル側は今回発見された脆弱性「Meltdown」と「Spectre」は、同社CPUの他にAMD社やARM社の製品についても同じことが言えると説明。事態はインテル社製CPUに限らないことを明らかにした形です。

各社の対応は?

これに対して、スマートフォンを中心に展開しているARM社は、既に該当の脆弱性については修正が完了していると発表。また、AMD社は「現状のままでほぼ問題はない」と明言しています。

PC用CPUについて8割ものシェアを誇るインテルは、問題の解決に向けてARM社やAMD社と連携することで、数日中に問題の修正を行う姿勢を表明しています。

<参照>
CPUに脆弱性発見、機密データ漏えいの恐れ 業界全体で対応/AFP=時事
インテル、ARM、AMDなど多数のCPUに脆弱性–各社が対応急ぐ/CNET Japan
Intel Responds to Security Research Findings/Intel

情報セキュリティ監査パック
専属担当者の採用は難しいけど、セキュリティが心配... そんな小規模企業向けに専門家が助言型監査いたします!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ
作者:   セキュリティニュース