IoT機器に感染することで話題を呼んだ「Mirai」の後継となるマルウェアが登場したと、中国セキュリティ企業の「Qihoo 360」が警戒を呼び掛けています。

「Mirai」はIoT機器に感染するとボットネットを形成することで、狙った標的に対して一斉攻撃を行うDDoSタイプのマルウェア。2016年9月には非常に規模の大きなサイバー攻撃に利用され、一躍脚光を浴びた存在です。

〈関連記事〉史上最大級のDDoS攻撃に使われたマルウェア「Mirai」IoTデバイスを悪用

アルゼンチンのIoT機器が中心か

「Qihoo 360」の調査によると、11月22日より2323番ポートと23番ポートのトラフィックが急速に増大していることに着目。同社が調査を進めたところ、「Mirai」の亜種となるマルウェアが発見されたとのことです。

なお、今回のスキャントラフィックの大半は、アルゼンチンIPとのこと。同社はこのことから、「アルゼンチン国内に流通している特定のIoT機器」が感染し、被害が拡大している可能性があると予測しています。

鍵となる2つの認証情報

同社今回のマルウェアに見られる兆候として、「admin/CentryL1nk」及び「admin/QwestM0dem」という2つの認証情報が使用されていることを指摘しています。

別の企業の指摘によると、「admin」と「CentryL1nk」のID及びPASSの組み合わせは、過去の類似のサイバー攻撃でも使用されていたとのこと。関係企業は警戒を募らせています。

「Mirai」のソースコードは既に公開されているため、今後も亜種の出現が相次いで起きるかもしれません。

〈参照〉IoTマルウェア「Mirai」の亜種が急拡大、日本でも感染か?/ITmedia

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?