画像:日本サイバー犯罪対策センターHPより

10月18日、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は新たに「Apple」や「楽天カード」を騙るフィッシングメールが増加していることを公表。各方面に注意を呼び掛けています。

Appleはセキュリティ関連の注意喚起を呼び掛ける文面である一方、楽天カードは請求金額確定の文面を騙っており、それぞれ手口が異なります。

AppleIDのセキュリティ再設定を促す

AppleIDサポートセンターを騙るフィッシングメールは、不正アクセスの可能性があることを示唆し、「セキュリティ質問」の変更を呼び掛ける内容です。

当然メール本文に添付されているURLはフィッシングサイトであり、誤ってログイン情報を入力してしまうと、不正アクセス被害に遭うものと思われます。
(メールには指定期限までに変更を行わなければIDが削除される旨、記載されています)

ただし、このメールは本文の日本語の使い方に著しい違和感があり、注意深く観察するとURLを確かめるまでもなく、フィッシングメールだと判断できる内容です。

カード請求額の確認を装う

楽天カードを騙るフィッシングメールは、「カード利用額の確認メール」を装った形式を採っています。本文に「Web明細」のリンクが貼られており、クリックすると不審なZIPファイルのダウンロードページへと飛ばされます。

なお、メール本文の品質は同日注意喚起が行われた上記「Apple ID」のフィッシングメールと比較して、格段に本物に酷似している為、注意が必要です。ご丁寧に楽天独特のランディングページのような長いメール本文まで真似しており、かなり手が込んでいます。

<参照>インターネットバンキングマルウェアに感染させるウイルス付メールに注意/日本サイバー犯罪対策センター

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?