画像:株式会社アドウィックHPより

医療機器や医療品を幅広く扱う大手卸企業「株式会社ほくやく・竹山ホールディングス」は10月11日、同社が経営する連結子会社「株式会社アドウィック」の管理するウェブサーバが、何者かのサイバー攻撃を受けたことを公表しました。

株式会社アドウィックは医療機関待ち時間短縮サービス「シマフクロウ・シリーズ」を提供しており、同サーバには利用者の個人情報が記録されていたとのことです。

事件の経緯

事件発覚のきっかけとなったのは、10月10日に確認された不正アクセスの痕跡です。

同社が該当するアクセスログを解析したところ、「シマフクロウ・シリーズ」の管理サーバに対する不正アクセスが行われたことが判明。流出可能性の把握に至ったと述べています。

なお、現段階では詳細な手口が公表されていませんが、後述する対応策から推察するに、恐らく海外からの攻撃だと思われます。

最大で個人情報597,452件の流出が懸念される

同社発表によると攻撃対象となったサーバには、同社が取り扱うサービス利用者の「氏名や電話番号、メールアドレス・医療機関の予約時間等」が記録されていました。被害規模は相当大きく、総数は597,452件と見られています。

同社は今回の攻撃を受け、原因となったアクセスをブロックした上で、海外からのアクセスを全てブロックすることを公表。再発防止策として監視体制の強化を表明しています。

<参照>
お客様情報の流出に関するお詫びとお知らせ(PDF)/株式会社アドウィック
お客様情報の流出に関するお詫びとお知らせ(PDF)/株式会社ほくやく・竹山ホールディングス

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事