画像:フルッタフルッタ公式通販サイト

10月5日、アサイーなど果実販売を手掛ける株式会社フルッタフルッタは、同社が運営する公式通販サイト「フルッタフルッタ オンラインショップ」のウェブサーバに、何者かの不正アクセスが確認されたことを公表しました。

同社発表によると流出の可能性がある個人情報は最大で627件。流出した情報の中にはクレジッドカード情報が含まれているとのことです。

事件の経緯は?

同社の発表によると、7月19日にクレジッドカードの決済代行会社よる流出可能性の指摘により、事件発覚に至ったと述べています。

同社は指摘を受けた段階でカード決済システムを停止し、第三者調査機関に調査を依頼。8月31日に行われた最終報告を待ち、今回の発表に至ったとのことです。

なお、第三者機関の調査記録ではカード情報の流出は確定的であり、流出した情報は「氏名、カード番号、住所、有効期限、セキュリティコード」と報告されています。

再発防止策は?

同社は今回のサイバー攻撃を受けて、不正アクセス対策として決済システムの変更を決定。カード決済代行会社の提供するリンク型システムの導入を行うことを発表しています。

また、WEB改ざん検知サービスを併せて導入することで、より高いセキュリティ環境を目指す狙いです。同社発表によると現在はシステム構築中であり、10月末日には完成を予定していると発表しています。

なお、顧客対応面としては流出可能性のある被害者に対しては個別に書面で通知した上で、問合せダイヤルを開設して対応しています。

〈参照〉
不正アクセスによるクレジットカード情報流出に関するお詫びとご報告/株式会社フルッタフルッタ(PDF)

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?