画像:oathより

2013年8月に米国ヤフーを襲った大規模不正アクセス事件の追跡調査が完了し、被害規模が30億人分のアカウント情報になることが公開されました。

当初はおよそ5億~10億程度の被害規模になるとの見方が支配的でしたが、今回その予想を大きく上回る結果が発表され、世界に衝撃が走っています。

なお、米国ヤフーは2017年6月に米国企業Verizon(ベライゾン)の子会社「Oath」に買収されており、現在は傘下企業のAOLと統合。今回の発表は買収企業である「Oath」によるものです。

流出した情報の内訳は?

今回の調査はforensic(フォレンジック)調査を得意とする第三者調査機関と連携して行われ、調査の過程で推定被害30億アカウントという被害規模が明らかになりました。

また、流出した情報にはクレジットカード情報や銀行口座情報は含まれないものの、「氏名やメールアドレス、電場番号や生年月日、ハッシュ化したパスワード」など多岐わたることが明らかとなり、事件発生から数年が経過する現在も、深刻な影響が懸念されています。

ヤフージャパンアカウントへの影響はなし

Yahooはとくに日本語圏で親しまれている検索サービスであり、日本人への影響も懸念事項の1つでした。

しかし、ヤフーの日本企業にあたるヤフージャパン株式会社は公式Twitterで「米ヤフーの情報流出について報道がされておりますが、Yahoo! JAPANのお客様への影響はありません。(原文ママ)」と発表しており、当面の影響はないものと見られています。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?