画像:ココロートパーク

9月8日、目薬などで著名なロート製薬は、同社が運営するオンラインショップ「ココロートパーク」において、何者かの不正アクセスによる攻撃を受けた事を公表しました。

同社によると32名のログインID及びパスワードが閲覧された可能性があると述べており、対象者に注意を促しています。

攻撃は7日に行われたと判明

今回の事件は9月8日に発表されていますが、実際の不正アクセス攻撃は9月7日の16時頃に行われており、32名の情報漏洩を確認されています。

流出した32名はいずれもココロートパークにアカウント登録した顧客情報であるものの、閲覧されたのはログインID及びパスワードに留まり、電話番号等の個人情報は対象外とのこと。

同社は9月8日には被害対象者に対して、取り急ぎパスワードの変更を促すメールを送信しています。

素早い対応で被害拡大を抑止

今回のロート製薬の情報漏洩事件は、比較的早い対応として評価できるでしょう。

不正アクセスが行われたのは7日の午後16時頃ですが、同社は翌日である8日の午後17時には利用者に対して個別メールで不正アクセスの報告を実施。パスワードの変更を促すと同時に再発防止策に努めることを、通知しています。

事件の詳細が述べられていないので、原因や手口について詳しい分析は行えませんが、概ね適切な対応だと言えるのではないでしょうか。

<参照>弊社会員サイトへの不正アクセスと対応のお知らせ/ロート製薬株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事