トレンドマイクロによると、脅迫文章を読み上げ身代金を要求することで知られるランサムウェア「Cerber」が、新たに仮想通貨「ビットコイン」の窃取機能を追加するようにアップグレードされたとのことです。

身代金を要求した上で仮想通貨の収奪も狙う事ができる、「おいしい」プログラムとして認知されつつあり、今後の動きに警戒が必要だと考えられます。

感染経路は従来通り

今回問題となっている「Cerber」の感染経路は、従来のランサムウェアと同様にメールファイルが主な経路となっています。JavaScript の添付ファイルとして侵入し、CERBERの亜種をダウンロード。

内部の挙動も概ね従来通りですが、冒頭で述べたように仮想通貨のウォレットを狙う機能が追加されており、感染すると莫大な被害が予測されます。

対策は従来通り不審なメールに注意すること

身代金要求に加えて、ビットコインの収奪機能まで備えた「Cerber」は、感染すると相当な脅威であることは間違いありません。

これまで既に3億ドル以上の被害をもたらしているランサムウェアファミリーの中でも、特に凶悪だと言えるでしょう。

ところが、感染経路は従来通りのスパムメールに過ぎません。不審な宛先からのメールを開封せず、システム管理者はこれら不正な添付ファイルをフィルタリングするなど、Eメール関連の対策を施せば十分に回避できると言えるでしょう。

ただし、こうしたスパムメールの文面は年々巧妙化の一途を辿っています。うっかり開封してしまわないように、より一層の注意が求めらることは疑いようがありません。

<参照>ランサムウェア「CERBER」に新たな機能追加。ビットコインを窃取/トレンドマイクロ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?