2017年6月27日、世界各地で大規模なサイバー攻撃が確認されました。2017年5月に起こった大規模サイバー攻撃に使用されたランサムウェア「Wannacry」に似た「PETYA(ペチャ/ペトヤ)」というウィルスによるものとみられています。

被害状況としては、ウクライナでチェルノブイリ原発や、国際空港、鉄道、銀行等が感染。フランスでも大手建材企業が感染し、使用できない状況となったことがわかっている。

また、イギリスの政府機関サイバーセキュリティセンターは声明を出し、「世界規模でランサムウエアによる攻撃が起きている。企業や公共機関はこうした攻撃から身を守るために対策を講じてほしい」と注意を呼びかけている。

多くの被害を受けたウクライナでは、“ロシアによる攻撃ではないか”との見方も強まっており、緊張がはしっている。

<参照>
欧米で再び大規模なサイバー攻撃 ウイルス注意呼びかけ/NHK NEWS WEB

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?