画像:ヤマジホームページより

印刷会社の㈱ヤマジは、同社のAmazon用アカウントが不正アクセスを受け、4月25日23:30に意図しない商品の出品が25,000アイテムほど行われたことを発表した。

同社によると、4月26日0時ごろから注文メールが大量に届いたことから、問題が発覚し早急に出品アカウントの停止措置を取ったが、その時点ですでに約400件の注文が発生していた。

同社ではAmazonサポートへ事態を報告。乗っ取られた間の注文については、決済前にキャンセルするなどの措置を実施し、その後は注文数が増加することもなく事態は沈静化した。
ただ、アカウントを乗っ取った第三者が注文者の個人情報を取得している可能性もあるとして、同社より出品アカウント権限で出来る限りの調査を行ったところ、個人情報の流出は見られなかったが、念のためAmazonにも問い合わせを行っている。

今回の件を受けて、同社は、専用のメールフォーム窓口を設置し対応を進めている。

<参考>
AMAZONの出店アカウントへの不正アクセスについて/ヤマジ
印刷会社のAmazonアカウントが乗っ取り被害 - 不正出品2.5万件/Security NEXT

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事