画像:ヤマジホームページより

印刷会社の㈱ヤマジは、同社のAmazon用アカウントが不正アクセスを受け、4月25日23:30に意図しない商品の出品が25,000アイテムほど行われたことを発表した。

同社によると、4月26日0時ごろから注文メールが大量に届いたことから、問題が発覚し早急に出品アカウントの停止措置を取ったが、その時点ですでに約400件の注文が発生していた。

同社ではAmazonサポートへ事態を報告。乗っ取られた間の注文については、決済前にキャンセルするなどの措置を実施し、その後は注文数が増加することもなく事態は沈静化した。
ただ、アカウントを乗っ取った第三者が注文者の個人情報を取得している可能性もあるとして、同社より出品アカウント権限で出来る限りの調査を行ったところ、個人情報の流出は見られなかったが、念のためAmazonにも問い合わせを行っている。

今回の件を受けて、同社は、専用のメールフォーム窓口を設置し対応を進めている。

<参考>
AMAZONの出店アカウントへの不正アクセスについて/ヤマジ
印刷会社のAmazonアカウントが乗っ取り被害 - 不正出品2.5万件/Security NEXT

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。