「都税納付サイト」安全性を確認、1か月半ぶりにシステム再開が決定

この記事は約 1 分で読めます。



画像:東京都ホームページより

東京都主税局は、不正アクセスをうけ平成29年3月10日より停止していた「都税クレジットカードお支払サイト」を4月24日9時より再開すると発表した。

関連記事:都税納付サイトへ不正アクセス、クレカ情報67万件流出の可能性

今回の不正アクセスは、同サイトにおいて「Apache Struts 2」の脆弱性が突かれたもので、3月10日よりサービスを停止。
受託事業者においてセキュリティ対策の強化、再発防止策を講じたことから、東京都は、安全性を確認し、一カ月半ぶりにサイトを再開することに決めた。

再開にあたっては、ソフトウェアの脆弱性を修正すると同時に、ウェブサイトの安全性についても総点検を実施。システム変更やサーバ監視体制を強化。またクレジットカード情報やメールアドレスをサーバー内に保持しないようシステムの措置をとった。運用基準についても見直し、危機管理体制、セキュリティ対策の強化行い、今後も安全なサイト運営に努めていくとしている。

<参考>東京都ホームページ
    Security NEXT

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ