2017年3月10日、東京都が管理するインターネット経由で都税納付を行える「東京都税クレジットカードお支払サイト」において不正アクセスが発生し、利用者のクレジットカード情報67万6,290件が外部へ流出した可能性があるとの発表を行いました。

同サイトは、2017年3月11日現在運用停止となっています。

事件詳細

流出の可能性があるのは、2015年4月~2017年3月9日(午後11時43分)までにサイトを利用した都民で、流出した個人情報の詳細は下記です。

  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • 利用者のメールアドレス

現時点までに情報の不正使用等は確認されていません。

今回の不正アクセスは、2017年3月9日にIPA(情報処理推進機構)からの情報提供で発覚。その後、同サイトを運営するGMOペイメントゲートウェイの調査により3月10日に不正アクセスが確認されたとのことです。

<参照>
カード情報、67万件流出か=納税サイトに不正アクセス-東京都/時事ドットコムニュース
都納税サイトから67万件情報流出か 不正アクセス確認/朝日新聞DIGITAL

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。