2017年3月10日、東京都が管理するインターネット経由で都税納付を行える「東京都税クレジットカードお支払サイト」において不正アクセスが発生し、利用者のクレジットカード情報67万6,290件が外部へ流出した可能性があるとの発表を行いました。

同サイトは、2017年3月11日現在運用停止となっています。

事件詳細

流出の可能性があるのは、2015年4月~2017年3月9日(午後11時43分)までにサイトを利用した都民で、流出した個人情報の詳細は下記です。

  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • 利用者のメールアドレス

現時点までに情報の不正使用等は確認されていません。

今回の不正アクセスは、2017年3月9日にIPA(情報処理推進機構)からの情報提供で発覚。その後、同サイトを運営するGMOペイメントゲートウェイの調査により3月10日に不正アクセスが確認されたとのことです。

<参照>
カード情報、67万件流出か=納税サイトに不正アクセス-東京都/時事ドットコムニュース
都納税サイトから67万件情報流出か 不正アクセス確認/朝日新聞DIGITAL

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?