日本語能力試験(JLPT)、不正アクセスにより受験者の顔写真流出

この記事は約 1 分で読めます。



画像:日本語能力試験/公益財団法人日本国際教育支援協会より

日本語能力試験(JLPT)の受験者が受験の申込などで使用している管理するシステム「MyJLPT」の画像データベースが不正アクセスを受け、一部の受験者の顔写真データが流出した可能性があることがわかった。
不正アクセスを受けたのは、顏写真データのみで各個人の氏名や受験番号、成績などのデータは含まれていない。

日本語技能試験を運営する日本国際教育支援協会は、早急に不正アクセスへの対応・システム処置を行い、現在のところ顔写真データが不正に利用された報告はないとのこと。

写真でデータが流出した可能性のある受験者へは、一人ひとりに手紙にて連絡をする。

<参考>
不正アクセスに関するご報告/公益財団法人日本国際教育支援協会(PDF)

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ