公取委「審決等データベース」不正利用でスパム送信の踏み台に

[更新]

この記事は約 1 分で読めます。



画像:公正取引委員会より

2017年4月3日、公正取引委員会が公開している「審決等データベース」に不具合が発生、運用を受託している事業者の調査によりサーバーの不正利用が判明したため、同会では4月7日該当ページを公開停止としています。

審決等データベースでは、独占禁止法に基づく審決や排除措置命令などの検索・閲覧を主としており、その他のデータは保存されていないとのことです。

原因に関しては運用事業者にて調査中のため、再開は未定となっています。

<参照>
「審決等データべース」サーバの不正利用による公開停止について/公正取引委員会

セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ
作者:   セキュリティニュース