2017年3月7日、告発サイトWikiLeaksが、CIAの極秘諜報作戦に関する機密文書「Vault7」を公開しました。この資料によると、CIAではスマートフォンやスマートテレビなど各種端末を介して個人情報を収集し、自動車のハッキングなどの技術にも関わっていたとのことです。

現在CIAのハッキング部隊は5000人以上ともいわれており、トロイの木馬・ウィルス・マルウェアなど1000を超える独自のハッキングツールを駆使しているとのこと。

フランス大統領選挙に関する諜報活動も確認されており、今回の国はtにより世界的に影響が出ると考えられています。

<参照>
CIAがサイバー攻撃ソフト 通信や通話の盗聴可能に /日本経済新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事