画像:SECCONより

2017年3月5日、秋葉原にて開催された「サイバーコロッセオ×SECCON」において、サーバへの攻撃・防御などセキュリティ技術の優位性を競うコンテストが実施されました。

出場チームは1組4名構成、約4時間半にわたり用意されたサーバへの攻略が行われた結果、筑波大などの学生チーム「dodododo」が優勝しました。

同日同会場では、サイバーセキュリティ月間の普及啓発活動の一環として、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)による「サイバー攻撃を目撃せよ!2017」も開催され、各種講演やイベントが催されました。

<参照>
「サイバー攻撃を目撃せよ!2017」の開催について/NISC

サイバーコロッセオ×SECON実施の背景

我が国におけるサイバーセキュリティについての関心を高め、理解を深めるため、政府では、毎年2月1日から3月18日までを「サイバーセキュリティ月間」としてサイバーセキュリティに関する普及啓発活動を集中的に推進しています。

本期間中の取組の一環として、総務省では、セキュリティに関する実践的技術を競う国内最大のコンテストを実施している「SECCON(セクコン)実行委員会」と連携し、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたセキュリティコンテスト「サイバーコロッセオ×SECCON」を開催します。

サイバーコロッセオ×SECONの開催/総務省より引用

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。