画像:SECCONより

2017年3月5日、秋葉原にて開催された「サイバーコロッセオ×SECCON」において、サーバへの攻撃・防御などセキュリティ技術の優位性を競うコンテストが実施されました。

出場チームは1組4名構成、約4時間半にわたり用意されたサーバへの攻略が行われた結果、筑波大などの学生チーム「dodododo」が優勝しました。

同日同会場では、サイバーセキュリティ月間の普及啓発活動の一環として、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)による「サイバー攻撃を目撃せよ!2017」も開催され、各種講演やイベントが催されました。

<参照>
「サイバー攻撃を目撃せよ!2017」の開催について/NISC

サイバーコロッセオ×SECON実施の背景

我が国におけるサイバーセキュリティについての関心を高め、理解を深めるため、政府では、毎年2月1日から3月18日までを「サイバーセキュリティ月間」としてサイバーセキュリティに関する普及啓発活動を集中的に推進しています。

本期間中の取組の一環として、総務省では、セキュリティに関する実践的技術を競う国内最大のコンテストを実施している「SECCON(セクコン)実行委員会」と連携し、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたセキュリティコンテスト「サイバーコロッセオ×SECCON」を開催します。

サイバーコロッセオ×SECONの開催/総務省より引用

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事