2016年1月11日深夜から、日本マイクロソフトを装い「ご注意!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」といった件名でユーザーの不安を煽るフィッシング攻撃が発生しています。同社及びフィッシング対策協議会では、メールを開かないよう注意喚起を行っています。

事件概要

メールは「Officeのプロダクトキーが不正コピーされている」との文面で、受信者にライセンス認証を促し、認証サイトとしてフィッシングサイトのURLが記載されています。

誘導される偽サイトに関しても、日本マイクロソフトらしい作りになっており、アクセスすると認証を促すポップアップが表示され、最終的に、個人情報・クレジットカード情報を入力するページへ誘導される仕組みとなっています。

攻撃への対策

2017年1月12日の段階で稼働が確認されているこのフィッシングサイトには既に3,000件以上のアクセスが行われているようです。

これに対しフィッシング対策協議会では、サイト閉鎖に向けJPCERTコーディネーションセンターへ調査の依頼を行ってるとのことです。

<参考>

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?