「公的個人認証サービス」のインストーラに脆弱性|サイバーセキュリティ.com

「公的個人認証サービス」のインストーラに脆弱性



ニュースの概要

2016年11月1日、地方公共団体情報システム機構 (J-LIS) が提供している「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」のWindows版インストーラに脆弱性が確認された。

脆弱性対策情報ポータルサイトJapan Vulnerability Notes(JVN)の発表では、DLLを読み込み時の検索パスの処理に不備があり、攻撃者によって細工されたDLLファイルが設置された状態で同ソフトのインストーラを実行すると意図しないDLLを読み込んでしまい、任意のコードが実行されてしまう可能性があるという。

その後の対応

同脆弱性は、インストーラの起動時のみに影響を受けるもので、既存の利用者に影響は無いとし、新規利用には最新版のインストーラ(Windows7以降のOS版は公開済み・Windows Vista以前のOS版については近日公開予定)を使用するよう求めている。

関連リンク
公的個人認証サービス ポータルサイト
JVNによる発表

 




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。