ニュースの概要

佐賀県の教育情報システム不正アクセス事件を受け、同県教育委員会は2016年10月5日、事務局の組織改編を行い、非公開で開いた第三者委員会「県学校教育ネットワークセキュリティ対策検討委員会」の議事要旨も公開した。

不正アクセスをされた、教育情報システム「SEI-Net(セイネット)」と、県立学校が導入している校内ネットワークシステムの2つのシステムを教育情報課と教育総務課がそれぞれ管理していたのを改正し、教育総務課に両システムの管理業務を統合。保守・管理業務をまとめて一つの課で行うことで、セキュリティの向上を図るという。

同県教育委員会のホームページで公開された第2回会合の議事要旨では、同対策検討委員会の出席者から、組織面と運営面の問題やセキュリティ対策への意識に問題があるなどの指摘があったという。

考察

情報管理に対するセキュリティ対策は必須であり、細かく分散して管理するよりも体制を強化して専門的に行える部署が一括して管理するのが良いのだろう。

関連リンク
佐賀県教育委員会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?