ニュースの概要

米Johnson&Johnsonの子会社であるAnimasが製造する糖尿病患者のインスリン投与や血糖値管理を行うインスリンポンプ「Animas OneTouch Ping」に複数の脆弱性があることがわかった。

同製品は、独自の無線通信機能を備えており、メーターによる遠隔制御機能を実現しているが、その通信内容は暗号化しておらず、遠隔の第三者から取得されるなどの脆弱性があるという。

この脆弱性を発見したセキュリティ企業のRapid7によれば、第三者がメーターを偽装し、不正にインスリンの投与を行うことが可能で、利用者が操作をキャンセルしないと低血糖を引き起こすおそれがあるという。

その後の対応

米Johnson&Johnsonでは、患者や医療関係者に通知するものの、通信内容には個人を特定できるような情報は含まれておらず、脆弱性に対応する予定はないという。また、無線通信機能を切ることで脆弱性の影響は受けないとしている。

考察

回避策の説明もきちんとされており、早急な機器の変更などは必要なさそうだが、個人を特定される情報は無いといえども、データを取得されたり、遠隔操作ができるという事実があるのは気になるところだ。医療関係者にも情報は共有されているようなので、まずは担当の医療機関で相談してみると良いだろう。

関連リンク
Rapid7によるセキュリティブログ(※英文)
JVNによる脆弱性報告

 

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事