ニュースの概要

米Johnson&Johnsonの子会社であるAnimasが製造する糖尿病患者のインスリン投与や血糖値管理を行うインスリンポンプ「Animas OneTouch Ping」に複数の脆弱性があることがわかった。

同製品は、独自の無線通信機能を備えており、メーターによる遠隔制御機能を実現しているが、その通信内容は暗号化しておらず、遠隔の第三者から取得されるなどの脆弱性があるという。

この脆弱性を発見したセキュリティ企業のRapid7によれば、第三者がメーターを偽装し、不正にインスリンの投与を行うことが可能で、利用者が操作をキャンセルしないと低血糖を引き起こすおそれがあるという。

その後の対応

米Johnson&Johnsonでは、患者や医療関係者に通知するものの、通信内容には個人を特定できるような情報は含まれておらず、脆弱性に対応する予定はないという。また、無線通信機能を切ることで脆弱性の影響は受けないとしている。

考察

回避策の説明もきちんとされており、早急な機器の変更などは必要なさそうだが、個人を特定される情報は無いといえども、データを取得されたり、遠隔操作ができるという事実があるのは気になるところだ。医療関係者にも情報は共有されているようなので、まずは担当の医療機関で相談してみると良いだろう。

関連リンク
Rapid7によるセキュリティブログ(※英文)
JVNによる脆弱性報告

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?