ニュースの概要

中高生向けSNSアプリ「ゴルスタ」を運営するスプリックスは2016年8月31日、自社が運営するイベント等への参加の際に取得した、サイト利用者の氏名や在住県などの個人情報を、当該利用者とのネット上の言い争いを発端に、運営担当者がTwitter上へ書き込んでいた。

その後の対応

これにより、利用者の個人情報を故意にTwitter上に流出させた件で、公式サイトで「極めて軽率な行動」と謝罪。また担当者を減給処分としたことを明らかにし、再発防止に取り組むとの発表がなされました。

公式サイトでのスプリックスによる謝罪文章
img_news20160831-02

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。