ハラスメント事案の記録データ、誤って全職員が閲覧可能状態に|下田消防組合|サイバーセキュリティ.com

ハラスメント事案の記録データ、誤って全職員が閲覧可能状態に|下田消防組合



静岡県下田市の下田消防組合は2024年5月23日、署内の情報を権限外の職員が閲覧できる状態にしたとして、50代男性消防司令長を減給1カ月の懲戒処分としました。

下田消防組合によると、司令長が公開したファイルは署内のハラスメント事案に関するものです。情報は電子ファイルで管理されていましたが、司令長は誤って、他の職員が閲覧できる状態にしていたとのこと。対象ファイルは通常、権限を持つ職員のみが閲覧できるものでした。

下田消防組合は事案に関連し、指揮監督責任があった消防長と次長にも口頭注意の処分を行いました。下田消防本部の消防長は謝罪し、職員への指導や教育を徹底すると発表しました。

参照過去のハラスメント事案の電子ファイルを誤って職員全員が閲覧可能状態に 消防司令長を減給処分=静岡・下田地区消防組合/livedoorNews


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より無料のメルマガ会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料メルマガ会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。