時事通信社の記者、取材対象者70名の情報記録のノートパソコン紛失か|サイバーセキュリティ.com

時事通信社の記者、取材対象者70名の情報記録のノートパソコン紛失か



画像:株式会社時事通信社より引用

株式会社時事通信社は2023年3月16日、同社編集局に所属する記者が業務中に収集した70名の個人情報を記録したノートパソコンを紛失したと明らかにしました。

同社によるとノートパソコンを紛失したのは2023年3月9日。記者が帰宅途中に飲酒しタクシーに乗ろうとしたところ、パソコンが入ったバックパックの紛失に気付いたとのこと。紛失判明後、周辺を捜索するなどしましたが、詳しい状況が不明であることもあり、公表時点で発見に至っていません。

紛失したノートパソコンは記者が記事執筆や取材資料に使用していたもので、内部には取材対象者70名の氏名や住所をまとめたリストや取材内容メモが入ってしました。しかし、ノートパソコンの起動にはパスワードが必要で、同梱物に類推できるようなものは含まれていないとのこと。公表時点で情報が流出や不正利用などの被害は確認されていません。

同社は流出対象者らに謝罪。情報管理体制を強化し再発防止に努めるとしています。

参照個人情報入りパソコン紛失に関するお知らせとおわび/株式会社時事通信社




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。