見附市、小学校教員が成績データ記録のUSBメモリを紛失|サイバーセキュリティ.com

見附市、小学校教員が成績データ記録のUSBメモリを紛失



画像:見附市より引用

新潟県見附市(みつけし)は2022年12月26日、市立小学校に所属する教員が児童の通知表所見データが記録されたUSBを紛失したと明らかにしました。

見附市によると教員は2022年12月18日、自宅にて成績表作成作業を行いUSBメモリを自宅カウンターに置きました。ところが2022年12月20日に所在を確認したところ、見当たらず、紛失が判明しました。

教員から報告を受けた学校は他の職員同行のもと2022年12月22日~23日にかけ、自宅および関連個所を捜索しました。しかし、公表時点で発見には至っておらず、市は紛失したものと判断。USBメモリには閲覧パスワードが設定されていましたが、情報流出も完全には否定できないものとして、該当児童及び保護者らに謝罪しました。

参照市立小学校における USB メモリ紛失事故の発生について/見附市




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。