サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

IPAが情報セキュリティ白書2022を公開、会員登録で無料閲覧可能



画像:IPA(情報処理推進機構)より引用

IPA(情報処理推進機構)は2022年7月15日、IPAが把握する情報セキュリティに関する様々な情報をまとめた「情報セキュリティ白書2022」を公開しました。

同書はPDFファイルと書籍の2種類が公開され、前者はIPA会員登録により閲覧可能、後者はAmazonなどで2,200円で販売されています。IPA会員登録は無料で行うことができるため、PDFファイルであれば無料での閲覧が可能です。

内容は情報セキュリティインシデント・脆弱性の現状と対策、情報セキュリティを支える基盤の動向、個別テーマの3章に分類されています。

「情報セキュリティインシデント・脆弱性の現状と対策」は表題通り昨今の国内外のインシデント情報を分析したもので、攻撃の傾向や被害規模、手口などを解説したのち、企業が取るべき防御策を紹介しています。

また、「情報セキュリティを支える基盤の動向」ではデジタル庁や経済産業省等による認証制度や法改正を含むセキュリティ政策や見通しを解説。「個別テーマ」ではIoTやクラウドサービス、欧米のセキュリティ制作など関心度の高いテーマを個別に分析しています。

IPAはインシデント発生時やセキュリティ対策において有用な情報を発信し続けている政府関係機関です。「情報セキュリティ白書2022」は無料で閲覧できるものの200ページを超えるなど情報量が大きく、アンケートによると、主に学習や自己研鑽、社内教育などに用いられています。

参照情報セキュリティ白書2022 7月15日発売/IPA(情報処理推進機構)


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。