ふくやま病院で患者情報流出の可能性、原因調査中|サイバーセキュリティ.com

ふくやま病院で患者情報流出の可能性、原因調査中



画像:医療法人社団 医仁会 ふくやま病院より引用

医療法人社団医仁会・ふくやま病院は2022年5月9日、同院の運用するシステムに対して外部からアクセス可能な状態にあったことにより、個人情報が流出した可能性があると明らかにしました。

説明によれば、問題は外部から患者情報を管理するシステムに対する指摘が入り、同院が確認したことにより判明したもの。

同院は事案把握後、アクセス可能な経路を遮断する措置を講じましたが、現時点で情報が実際に流出した形跡は確認されいないとしています。

調査継続し原因解明

記事公表時点で、外部アクセスが可能になった原因は明らかになっていません。

同院はこのため、今後も更なる調査を実施し、原因解明次第公表する予定と説明。合わせて、原因に対応するセキュリティ施策を実施し、再発防止に努める考えも明かしています。

なお、同院は事案発生に伴い、専用フリーダイヤルを解説。影響が懸念される患者らの質問に応じるとしています。

参照患者様情報流出の可能性に関するお知らせとお詫び/医療法人社団 医仁会 ふくやま病院

医療機関でインターネットを安全に使うためには
「AXISスマートブラウザ」はコンテナ技術でパソコンの中に仮想的に安全な環境を作り、その中でChromeやEdge・Firefoxなどのブラウザを起動させるインターネット分離ソリューションです。さらに、インターネットサイトやメールで入手した情報やデータを安全に活用するための無害化機能も搭載しています。
  • 月額1,980円(税込)、初期投資0のリーズナブルな料金
  • 専用ソフトをPCにインストールするだけで利用可能、導入や運営のためのIT要員は不要
  • 無害化処理やウィルスチェック機能は標準搭載

サイバーセキュリティ.com限定 1ケ月無料体験クーポン プレゼント中!!

詳細はこちらから
株式会社アクシス




SNSでもご購読できます。