株式会社エノモトもEmotetに感染し社内外に不審メール|サイバーセキュリティ.com

株式会社エノモトもEmotetに感染し社内外に不審メール



画像:株式会社エノモトより引用

ステンレス鋳鋼を手がける株式会社エノモトは2022年2月9日、同社が運用している端末がマルウェア「Emotet(エモテット)」に感染にした影響から社内外に不審メールが発生したと明かしました。

Emotetは感染した端末からメール情報を抜きだして、実在する人物や返信を装う不審メールを発信することで知られるマルウェアです。2022年に入り多くの企業が被害を公表しており、被害の拡大が懸念されています。

エノモト社によると、同社では2022年2月8日に感染が発覚しています。調査の結果、メールサーバーから情報が流出し、社内外関係者の氏名やメールアドレス、件名の一部が不審メールに利用されているとの認識を明かしました。

アドレス確認求めるも有効性は未知数、拡大懸念

エノモト社は現在、社内外のメール受信者に感染拡大への注意を呼び掛けています。

発表によれば、同社が確認した不審メールはいずれもアドレスが正規のもの(*****@enon.co.jp)と異なっているため、同社を名乗るメールであっても添付ファイルやリンクへのアクセスを控え、アドレスを確認するよう求めています。

ただし、メールを受信するにあたってアドレスを確認しているユーザーは少なく、注意喚起による抑止効果は未知数です。今後も被害拡大が懸念されます。

参照弊社を装った不審メールに関するお詫びとお知らせ/株式会社エノモト


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より無料のメルマガ会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料メルマガ会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。