ミクチャがメール誤送信、アドレス流出|サイバーセキュリティ.com

ミクチャがメール誤送信、アドレス流出



画像:株式会社DONUTSより引用

株式会社DONUTSは2021年9月17日、同社が提供しているアプリ「ミクチャ」にて実施した有料配信イベントについて誤送信が発生し、対象放送のチケット購入ユーザーのメールアドレスが流出したと明らかにしました。

発表によると同社は2021年9月15日、有料配信番組 FM FUKUOKA presents『ACEとルークの謡う診療所』のチケット購入者に対して特典メールを一斉メールとして発信したところ、送信形式の指定ミスを起こしていた事実が判明したとのこと。具体的には、外部一斉メールを発信する際に送信先全員のアドレスが表示される形式を指定したまま、送信していたとのことです。

同社は当初、送信ミスに気付いていませんでした。しかし送信から約15分後、メールを受信した一部ユーザーから指摘が入りミスが発覚。同社は事実確認の後、送信対象者となったユーザー全員に謝罪し、メールの削除を依頼しました。

チェック不備が原因

株式会社DONUTSは誤送信の原因をミクチャ担当者による確認不足と位置づけ、対応を進めています。

同社は外部メールを発信する際は送信形式の変更を行いアドレスを非表示にして送信すべきとしていたものの、担当者が人為的ミスにより確認不足を起こしたことにより流出が発生したと説明。

このため、同社は今後、社内教育を徹底するなどして再発防止に努めるとしています。

参照個人情報(メールアドレス)の流出について




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。