マスク販売などのヨコイ、誤送信でユーザーアドレス流出|サイバーセキュリティ.com

マスク販売などのヨコイ、誤送信でユーザーアドレス流出



画像:株式会社ヨコイより引用

マスクや理容品製造で知られる株式会社ヨコイは2021年8月17日、同社の新製品マスクのお知らせメールを送信する際に誤送信が発生し、送信先となったユーザーのメールアドレスが流出したと明らかにしました。

ヨコイ社によれば、誤送信の原因は送信形式の指定ミスによるもので、担当者がお知らせメールを外部一斉形式で送信する際、誤って送信先のアドレスがお互いに表示される形式を指定したため、流出が起きたと説明しています。

なお、ヨコイ社によると誤送信により流出した情報はメールアドレスのみで、他の個人情報は含まれていないとのことです。

被害ユーザーらに謝罪、再発防止へ

ヨコイ社は誤送信に伴う情報流出を受け、被害を受けたユーザーらに謝罪しています。

また、同様の流出を防ぐため、今後は情報セキュリティに関する社内教育および管理体制の強化を徹底すると説明。再発防止に努める考えを明らかにしました。

参照株式会社ヨコイ




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。