サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

後期高齢者8,903人の医療保険データを誤送信、道国保団体連合会



画像:北海道国民健康保険団体連合会より引用

北海道国民健康保険団体連合会は2021年8月12日、同団体が保有する登別市在住の後期高齢者医療被保険者8,903人分のデータを別の自治体のものと誤認し、佐呂間町役場および豊頃町役場に誤送信したと明らかにしました。

発表によると、連合会は登別市が進める予防健康づくり事業を支援する目的で、登別市に在住している後期高齢者医療被保険者8,903人分の基礎情報(氏名等)や医療検診・介護情報など合計238項目をデータベースから抽出しました。

ところが、担当者が抽出データの保存先を誤ったことにより、別の自治体のものと誤認する事態が発生。さらにこのデータを支援対象であった佐呂間町および豊頃町のシステムに送信したため、登別市民の個人情報が別の自治体に流出する事態となりました。

ヒューマンエラー防止に向けシステム実装を決定

北海道国民健康保険団体連合会は誤送信の原因をヒューマンエラーによるものと位置づけ、対策を進めています。

具体的には、データ流出をシステム面から防ぐため、2022年度中にデータベースから抽出せずともシステム内で分析できる機能を実装すると発表。また、機能の実装に至るまでの期間については、データベースから個人情報を抽出する際、複数名での確認を徹底することで流出を防止していくとしています。

なお、連合会によると、流出先の佐呂間町役場および豊頃町役場に情報の確実な削除を依頼したとのことです。

参照個人情報等を含むデータの誤送信に関する報告とお詫び


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。