サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ランサムウェア感染でバイト応募者1万5,421名分の情報が暗号化



画像:ビーウィズ株式会社より引用

ビーウィズ株式会社は2021年8月13日、同社サーバーおよび端末がランサムウェアに感染し、過去同社アルバイト求人に応募した1万5,421名分の個人情報が暗号化される事象が発生したと明らかにしました。

ビーウィズ株式会社によれば2021年5月19日の夜、社内ネットワークでアクセス障害が発生したとのこと。

同社IT部門がこれを調査したところ、アルバイト求人応募者のデータが格納されているサーバー1台とパソコン1台がランサムウェアに感染している事実が判明。さらにネットワーク内のデータが一部暗号化され、同社を脅迫する内容のファイルが見つかったとしています。

セキュリティ強化で対応へ

ビーウィズ株式会社はランサムウェアの感染を受け、セキュリティ対策の強化を進めています。

具体的には外部専門家の助言に基づき、認証機能や権限設定を変更し一部VPN機能を停止するなどのアクセス制御策を強化するほか、ログ取得範囲を拡大し不正アクセスの検出能力を高めたとのこと。

なお、暗号化被害を受けたサーバーにはアルバイト求人応募者のデータが含まれていましたが、記事発表時点で外部への流出は確認されていないとのこと。同社は謝罪し、引き続き調査を継続するとしています。

参照弊社社内ネットワークへの不正アクセスに関するお知らせ(2021年8月13日)


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。