サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

製薬会社日本法人が不正アクセス被害、約6万件の個人情報流出



画像:ベーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパン株式会社より引用

ドイツの製薬会社ベーリンガーインゲルハイムの日本法人ベーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパン株式会社は2021年7月30日、同社が提供するノミダニフィラリアサイトの運営委託先のサーバーが何者かのサイバー攻撃を受け、登録ユーザーの情報約5万件および登録獣医師の情報約1万件に流出の可能性があると明らかにしました。

同社によると2021年6月25日に日本警視庁より「同社保有情報と見られるデータがインターネット上に流出している可能性がある」と指摘を受けたとのこと。

これを受け、同社が事実関係を明らかにするためセキュリティ専門家の協力のもとに詳細調査を実施したところ、記事発表時点で原因の特定には至っていないものの、同社およびサイト運営委託先が過去に運用していた旧サーバーから、2020年5月~2020年8月にかけて情報が流出していた可能性があることが判明したと説明しています。

登録ユーザーはパスワード情報なども流出か

ベーリンガーインゲルハイム社は情報流出の懸念を受け、被害が懸念されるユーザーらに対して個別に連絡を取り、注意を促しています。

同社発表によると、サービス登録ユーザーの情報約5万件および登録獣医師の情報約1万件です。登録ユーザーについては氏名や住所のほか、メールアドレスやパスワード・LINEおよびAppleが発行するシステム連携用IDにまで及んでおり、不正ログインの可能性があるとのこと。同社はこのため、対象ユーザーにパスワードを変更するよう呼び掛けました。

なお、同社は現在運用するサイトシステムにもセキュリティチェックを実施しており、問題がないことを確認したと説明しています。

参照個人情報流出に関するお詫び


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。