環境試験機大手のエスペック、メール誤送信でアドレス150件流出|サイバーセキュリティ.com

環境試験機大手のエスペック、メール誤送信でアドレス150件流出



画像:エスペック株式会社より引用

環境試験機大手のエスペック株式会社は2021年7月15日、同社が発信した電子メールについて誤送信が発生し、同社顧客のメールアドレス150件が流出したと明らかにしました。

エスペックによると、電子メールは同社カスタマーサポートデスクが顧客に向け外部一斉メールとして発信したもの。原因は送信形式の指定ミスによるもので、外部一斉メールを送信する際に同報者のアドレスが表示される形式で送信したとのこと。

謝罪とメールの削除を依頼

エスペック株式会社は誤送信の発生に伴い、送信先に向け謝罪しています。

方法は電子メールによる謝罪とともに個別に謝罪文章を送るというもの。また、流出情報への対処として誤送信メールの破棄を依頼しています。

なお、同社は今後、再発防止策として個人情報の取り扱い順守に努めるとしています。

参照メール誤送信についてのお詫び




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。