サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

奈良県生駒市、情報開示資料誤り生活保護申請者の情報を流出



画像:生駒市より引用

奈良県生駒市は2021年5月24日、市民からの行政開示請求に対する事務処理においてミスが発生し、本来公開すべきでない生活保護申請者10名の個人情報が記録された資料を請求者に誤開示したと明らかにしました。

発表によると、生駒市は住民から2021年2月10日付けで福祉行政に関する情報開示請求を受けており、担当職員が開示資料をまとめていました。ところが2021年3月1日、請求者に該当資料を提供する際、本来非開示とすべき生活保護の新規申請者をまとめた一覧表も提供するミスが発生したとのこと。

生駒市は資料提供時、ミスに気付いていませんでしたが2021年5月21日になり請求者から指摘が入りミスが発覚。2021年5月24日には、請求者から資料の返却を受けたとしています。

流出対象者らに謝罪するも、一部で連絡つかず

生駒市はミスの発覚に伴い、誤開示の被害者となった生活保護申請者10名に対し、個別に謝罪と説明を試みました。

ところが、実際に謝罪することができたのは10名のうち6名のみとのこと。残りの4名については、住所不明であったり死亡しているなど、連絡がつかなかったとしています。

生駒市は今後の再発防止策として、個人情報を含む資料を開示する際、複数の職員によるダブルチェックを徹底すると発表しています。

参照生活保護の新規申請処理状況の情報漏洩について


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。