サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

「学校に不満」から情報流出 元講師が逮捕

  • LINEで送る


宮城県警は2021年1月27日、元勤務先の学校で得た特定生徒の個人情報が記載された資料を意図的に路上に放置した疑いで、県仙台二華中学校・高等学校の元非常勤男性講師を逮捕したと明らかにしました。

情報によると、逮捕された男性講師は2018年4月から同校に勤務し、2020年9月に自己都合退職していました。

ところが、この男性講師は生徒指導記録などの資料の写し7枚を持ち出しており、2020年11月25日~2020年12月25日にかけて同県仙台市や名取市の路上に放置した疑いがあるとのことです。

「学校に不満」私怨による流出か

情報によると、同校では校内で保管している個人情報や公文書の無断持ち出しを禁止していました。しかし、男性講師はこれに違反し、情報を持ち出しています。

男性講師は流出の動機について「学校に不満があった」などと供述しています。男性講師は学校になんらかの私怨を持っており、これが引き金になったものと見られます。

参照生徒情報、故意に路上放置 容疑で元高校講師逮捕 宮城県警





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。