サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

サイバー攻撃でウェブサイトが改ざん被害、3,500通のスパムメールの踏み台に

  • LINEで送る


画像:株式会社大田花きより引用

株式会社大田花きは2021年1月15日、同社商事部のウェブサイト(bizrelation.otakaki.co.jp)何者かのサイバー攻撃により改ざんされ、同社ドメインがスパムメールの踏み台にされたと明らかにしました。

発表によると、攻撃者は同社のドメインを送信元として、不特定多数の宛先に約3,500通のスパムメールを発信しました。ただし、宛先はランダムに作成されたものであり、同社が保有する個人情報を含む情報の流出は確認されていないとのこと。

このため、同社は事案発覚後、被害を受けたドメインの停止を決定。また、サーバーアカウントのパスワードを変更する措置を実施し、攻撃を抑止したとしています。

攻撃方法は既に把握。全サイトに対策実施

株式会社大田花きは今回の事案発覚に伴い、同サイトの管理をしていた全社員のパスワードを変更したほか、作業環境のセキュリティスキャンを実施しています。

同社は改ざんの具体的な方法を明らかにしていませんが、方法は既に特定しており、同社管理下のすべてのサイトに同様の攻撃を仕掛けられないよう、対策を実施したとのことです。

参照不正アクセス被害によるスパムメール送信について





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。