サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

松山市の運営スポーツサイトが不正ログイン被害、個人情報の不正閲覧

  • LINEで送る

画像:松山市より引用

松山市は2021年1月6日、運営しているウェブサイト「スポーティングシティマツヤマ.com」について外部からの不正アクセスが発生し、サイトに不審な書き込みが発生したほか、登録されていた個人情報20名が不正閲覧された可能性があると明らかにしました。

松山市によると攻撃を受けた原因は、第三者によるサイト管理者用アカウントへの不正ログイン。同市は何らかの要因により外部に流出したID・パスワードの組み合わせを、第三者が悪用したものと見ています。

なお、同サイトでは2021年1月6日に不審な書き込みが見つかっており、市が調査を進めていましたが、攻撃者と見られる第三者がサイト管理者用のID・パスワードを入力し、ログインしていた事実が判明しています。また、この第三者はニューストピックス一覧に不正な情報を投稿したほか、サイト利用者の個人情報掲載ページへアクセスした形跡も見つかりました。

氏名や電話番号、メールアドレスなどが流出

松山市によると、被害サイトには利用者20名分の氏名、電話番号、メールアドレスが登録されており、今回の不正アクセスにより閲覧された可能性が生じています。

このため、松山市は事案発覚後に被害者に向け謝罪を実施。また、再発防止に向けアクセス制限を強化したほか、2021年1月8日には愛媛県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課に相談し、今後の対応を協議する対応を取りました。

参照「スポーティングシティマツヤマ.com」で不正アクセスが確認されました

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。