関西医科大学もEmotet感染、なりすましの不審メール横行|サイバーセキュリティ.com

関西医科大学もEmotet感染、なりすましの不審メール横行



画像:学校法人関西医科大学より引用

学校法人関西医科大学は2020年10月30日、同大学に所属する職員のPC端末がマルウェア「Emotet(Emotet)」に感染したと明らかにしました。

関西医科大学によると感染の影響から2020年10月23日以降、実在する同大学の職員を名乗った不審メールが、同大学と過去やりとりした宛先に送信される事象が発生しているとのこと。Emotetはメールアカウントに記録されている本文内容やメールアドレスを盗み取るマルウェアとして知られているため、これらの情報が流出したものと見られています。

ただし、同大学によると、不審メールは同大学とは異なるメールサーバーから発信されているとのこと。大学側は不審メールの受信者らに謝罪するとともに、メールを開封しないよう呼び掛けています。

電子カルテ等への直接影響はなし

関西医科大学は附属病院を有しているため、電子カルテや診療関係のICTシステムともかかわりのある大学です。

ただし同大学によると、これらのシステムはインターネットに接続しない独立的なネットワークで運用しているため、感染の影響による直接的な影響はないとのこと。

また、同大学はマルウェア感染発覚後、情報センター主導のもとに全業務用PCにマルウェア駆除を実施。全職員および学生らに注意喚起を発しました。

参照本学職員を装った不審メールについてのお知らせとお詫び


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より無料のメルマガ会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料メルマガ会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。