サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

証拠品のスマホから性的動画を不正転送、男性巡査長を書類送検

  • LINEで送る

警視庁は2020年10月9日、証拠品として警察署内で保管されていたスマートフォンのデータを不正に転送した疑いで、西新井署刑事課に所属する男性巡査長を不正アクセス禁止法違反の疑いで書類送検しました。

情報によると、所内に保管されていたスマートフォンは別の事件の証拠品として保管されていたもので、内部にはわいせつなデータが記録されていたとのこと。逮捕された男性巡査長は捜査中に不正に端末を持ち出して、SNSサービス「LINE」を利用して、自身が保有するスマートフォンに転送した疑いがもたれています。

なお、端末には暗証番号によるロックがほどこされていましたが、男性巡査長はデータ解析などの業務を担っていたため、操作で知りえた情報を入力し、アクセスしたとみられています。

所有者の通報により発覚

問題の事件はスマートフォンの持ち主が証拠品を回収後、警察に通報したため発覚しました。

所有者がスマートフォンを回収してから内部データを閲覧したところ、LINEを通じて不正にデータが転送されている事実を把握。これを警察に通報したため、男性巡査長の関与が浮上したとのことです。

なお、男性巡査長は容疑を事実関係として認めており「興味本位だった」と供述。依願退職したとのことです。

参照証拠品スマホから性的動画送信 警視庁巡査長を書類送検/Yahoo!ニュース

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。