サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

グルメ情報サイト「キッチハイク」11万件超のユーザー情報流出か

  • LINEで送る

画像:株式会社キッチハイクより引用

株式会社キッチハイク2020年8月14日、同社が提供するグルメ情報サイト「キッチハイク」に対する不正アクセス問題について、続報となる第三報で、被害規模や流出情報などの内訳を公表しました。

キッチハイクをめぐる問題は2020年7月頃、外部のセキュリティ専門家より「キッチハイクから流出したと可能性がある」と指摘を受け発覚した事案です。同社は外部の調査専門会社を通じて詳細情報を調べており、今回の発表はこれを踏まえたものとしています。

同社によると、不正アクセスによる被害規模は2020年7月21日までにキッチハイクに登録したユーザー情報最大11万6,863件。流出情報は同サービスのプロフィール画面に登録できる情報で、氏名やメールアドレス、ハッシュ化されたパスワードに電話番号等が対象と明らかにしました。(件数には退会者を含み、該当者の情報は流出していない)

クレジットカード情報は含まれず

キッチハイク社は今回の第三報で「今回の件に起因してクレジットカード情報の不正利用の可能性はございません」と発表し、クレジットカード情報の流出を否定しています。同社によると、キッチハイクではカード情報は外部の決済サービスが管理しており、同社はデータとして保有していないとのことです。

なお、同社は今後のスケジュールとして、9月上旬に情報流出の経路追及、10月上旬に情報管理体制の見直しなどを予定しています。

参照不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ(第三報)/株式会社キッチハイク

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。