サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

個人情報を含むUSB紛失も、パスワードロック|名古屋大学

  • LINEで送る

画像:名古屋大学より引用

名古屋大学は2020年8月24日、同大学の医学部保健学科に所属する教員が学生情報を記録したUSBメモリ2本を紛失し、内部に記録された学生らの氏名や実習評価情報が流出した可能性があると明らかにしました。

同大学によると、紛失は2020年8月7日~2020年8月12日にかけて発生。紛失した教員は7日、USBメモリをペンケースに収納し学外に持ち出すなどしていましたが、12日にはペンケースが所在不明になっていたため、これを大学に通知しています。

通知を受けた大学は2020年8月13日より、USBメモリの捜索を進めました。しかし記事発表時点で、紛失したUSBメモリの発見には至らず。対応策として事案を公式ウェブサイトで公開し、学生らに謝罪を表明しています。

ファイルにはセキュリティロック

名古屋大学によると、紛失したUSBメモリ2本には、それぞれ9名・52名分の学生情報が記録されていました。

しかしUSBメモリに記録された各ファイルには紛失時に備え、特定のパスワードを入力しなければ閲覧できない状態で保存されていたとのこと。また、記事発表時点で紛失した情報の悪用などは確認されていないとしています。

なお、大学が公開した情報によると、紛失した2本のUSBメモリに記録されていた情報は、次の通りです。

紛失した対象 1本目 2本目
日時 2020年8月7日~2020年8月12日 2020年8月7日~2020年8月12日
件数 9名分 52名分
内訳 氏名、生年月日等 氏名、実習評価点数、実習評価

参照個人情報が保存された記憶媒体の紛失について/名古屋大学

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。